軽井沢

クラフトビール最大規模!「軽井沢ブルワリー」の工場でビール造りのこだわりを知る

2023年01月10日 更新

スポット
  • グルメ・お酒

軽井沢ブルワリー

この記事を書いた人

ライター
くぼた かおり

Uターンで地元・長野市に戻り、出版社・広告代理店を経てフリーランスに。長野市信更町に仕事場「山庭舎」を構えながら、中山間地域を探索している。趣味は庭いじりと温泉めぐりで、県内の温泉を網羅するのが夢。


2013年6月に「THE 軽井沢ビール」のブランドで旗上げをした軽井沢ブルワリー。国内に数あるクラフトビール工場の中で最大ともいわれる規模と最新の設備を整えた工場が、避暑地のメッカ・軽井沢エリアにある。

安心、安全、そしておいしいクラフトビールを造ろうと集まった、高い技術を持つ3人の熟練醸造家と、ブルワリーを設立した会長・和田泰治氏が経営するドーバーグループの酒造スタッフ4人。同ブルワリーを牽引する7人が、最高の技と経験とセンスを結集させた。

商品ラインアップ
浅間山の清らかな水で仕込み、喉越しがさわやかな「THE 軽井沢ビール」のラインアップは下記の10種類。

■プレミアムシリーズ
  • 清涼飛泉プレミアム:口当たりはやさしく、爽やかな味わい
  • プレミアム・クリア:贅沢感たっぷりの濃色で芳醇なビール
  • プレミアム・ダーク:豊潤で濃厚、喉越し柔らか

■オリジナルシリーズ
  • クリア:口当たりはやさしく、爽やかな味わい
  • ダーク:贅沢感たっぷりの濃色で芳醇なビール
  • 黒ビール(ブラック):豊潤なコクと⽢味、⾹ばしさを感じる
  • 赤ビール(アルト):美しいルビー色と深い味わい
  • 白ビール(ヴァイス):バナナのようなフルーティな香りと、ほのかな酸味が飲みやすい
  • 軽井沢エール<エクセラン>:パッションフルーツのような華やかな香りが特長

■軽井沢香りのクラフト
  • 軽井沢 香りのクラフト柚子(発泡酒):国産柚子果汁を贅沢に使用したスッキリとした飲みやすさ
なかでもプレミアムシリーズのラベルには画家の千住博氏の名画を用いて製品化し、他にはない芸術性のあるビールに仕上がっている。ほかにも春、秋、冬には季節限定品も販売。

工場見学入口
ビール造りについて詳しく知りたい人には、工場見学(要予約)がおすすめだ。

工場建物の玄関ホールで出迎えてくれるのは、千住博氏の代表作「ウォーターフォール」。滝の音がしているのではと錯覚するほどの存在感に驚くはずだ。

サックス型のビアサーバー
製造棟では仕込みの香りや温度などが体感できるなど、見どころが満載。

見学の最後にはビアホールに行って、サックス型のビアサーバーから注がれる、出来立ての生ビールを試飲できる。

テラス
随所にエンターテインメント性が詰まった「軽井沢ブルワリー」のこだわりと、ビールに対する愛情を思う存分楽しもう。

■近隣ホテル・宿のお得なプランはこちら

宿泊プランを見る

※プランを見るには会員登録(無料)が必要です。


■軽井沢ブルワリー
【工場住所】
長野県佐久市長土呂64-3

【営業時間】
9時30分~17時
※工場見学は1日5回で完全予約制

【定休日】
不定休

【駐車場】
無料(30台)

【問い合わせ先】
0120-919-144

⇒公式サイトはこちら

地図を見る

信州びいきのお得情報は
こちらからも配信中!

  • クラフトビール最大規模!「軽井沢ブルワリー」の工場でビール造りのこだわりを知る